マスク

カビや虫入り?アベノマスク製造元が判明!一枚いくら?疑問を徹底調査

アベノマスクが酷いと話題!製造元はどこで一枚いくら?疑問を徹底調査
Pocket

安倍総理大臣が一世帯に二枚布マスクを配布することから、配布されるマスクを「アベマスク」と呼ばれていますね。

すでに手元に届いている医療や福祉関係の施設、家庭もあるそうですが、ネット上でマスクが「酷い」と話題となっています。

ちゃんとした製造元が作っていればそんな酷いものにはならなさそうな気はしますが一体どんな出来栄えなんでしょうか。

今ではマスクが手元に足りない人は自作したりしてしのいでいるのに、いくらマスクが不足しているからといって466億円の国費を使って製造して良かったものなのかと思いますよね。

噂では製造元と癒着があるのではなんて言われています。

そんな酷いと話題のアベノマスクの、

  • アベノマスクの製造元
  • アベノマスクの値段
  • 話題のアベノマスクは一体どんなものなのか

について徹底調査しました!

 

アベノマスクの製造元はどこ?

ついに製造元があきらかになりましたね。

受注企業として発表されたのが「興和株式会社」「伊藤忠」「マツオカコーポレーション」の3社になります。

4社あると言われていたのに3社のみの公表なのは何かしら裏があるような気がしますね。

今回公表に至ったのはあまりにも問題が多いからのようですね。

予算額の内訳も公表しており、政府は配達日が128億円、マスク調達費が338億円としていますが、3社への契約額は約90億円だったこともあり、466億円には達しておらずまだ何か隠しているようです。

 

興和株式会社とは

キューピーコーワやウナコーワなどでもおなじみの医療用品を中心に製造している会社です。

マスクも三次元マスクを生産している会社です。

HP上には3月5日に政府から要請があり、ガーゼマスクを国内・海外の生産協力工場で生産していくと公表しています。

 

伊藤忠商事とは

幅広く事業を展開している大手企業の伊藤忠商事には「繊維カンパニー」の部門があることから政府から布マスクの製造の要請がいったのではと思われます。

政府から要請された布マスクに関してはHP上に公表などは一切されていません。

マツオカコーポレーションとは

マツオカコーポレショーンはアパレルメーカーです。

中国、ミャンマー、バングラディッシュ、ベトナム、インドネシアといった東南アジアに生産工場を構えています。

布マスクについてはHP上に公表はされていません。

 

アベノマスクの値段は?

このアベノマスクですが1枚260円だそうです。

ということは一戸あたり520円マスクに支払わされているということですよね。

ネットでは洗って使えるウレタンマスクが4枚入りで1000円以下で売っているのに洗ったら使い物にならないマスクが二枚で520円とはコスパ悪いとしか言いようがないですね。

【最短10日以内発送※安心の国内発送】【4枚セット】【6色】 マスク 洗える 男女兼用 ウレタンマスク 白 黒 グレー ピンク レギュラーサイズ 花粉対策 大人用 softfit mask おしゃれ フィット 【※お一人様6点まで】

耳が痛いことに、466億円で医療従事者の高品質マスクが7ヶ月以上確保できるそうです。

さらにアイリスオーヤマでは10億円の投資で月産6000万枚のマスク工場を稼働させることができたといっています。

466億円も投じてまで布マスクを製造する必要性はあったのかとても疑問におもいますね。

 

アベノマスクの酷いマスクは一体どんなもの?

製品としての欠陥

  • 顔に対してマスクが大きい
  • 紐が短くて耳が痛い
  • ノーズフィルターがない
  • 鼻を隠そうとすると両口に隙間ができてしまう
  • 2日間使っただけでぼろぼろになった

と言った口コミが多く見つかりました。

アベノマスクは二種類配布されているみたいで、ブリーフタイプと安倍さんがつけているタイプのもののようですが、どちらとも品質はあまりよくないようですね。

製造するときに生産者はとりあえず口を覆える布であればいいとでも思ったのでしょうか?

人間工学無視した作りなのでしょうか、これは受け取り拒否する人もでてくるはずですよね。

 

アベノマスク洗っても本当に大丈夫?

  • 手洗いしても縮む
  • 浸け置き洗いしてもほつれる

と言った洗って使うには品質が悪過ぎるであろう出来栄えのようですね。

ブリーフタイプのマスクと給食マスクどちらも洗った縮むようです。

使い回しできるように布マスクの配布をしたとおもうのですが、これでは使い捨てマスクの方が洗って使えると思いますよね。

 

異物混入・不衛生

妊婦に向けて配布している布マスクに汚れなどの問題があったようです。

その数はおよそ8000枚弱が不良品だったそうです。

金額にしたら約208万円、、、

  • 虫混入
  • 髪の毛混入
  • 変色
  • カビ
  • ホコリの混入

といった不良品も出回っているみたいです。

さすがに口元につけるものなのにこういった不衛生なものだと身体にも悪そうで使用できないですよね。

もしアベノマスクが届いて使用しようと思っているのであれば

ネコポス送料無料 在庫あり 即納 マスク フィルター シート 100枚入り ウイルス対策 花粉対策 マスク 取替シート 裁断可能 交換フィルター 不織布 入荷 予防

フィルターシートをつけて直接肌や口につかないようにした方がいいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

酷いと話題のアベノマスクについて製造元や一枚あたりの値段をまとめてみました。

Twitterでみかける限りは品質がとても酷そうですよね。

作りが悪いだけでなくカビや変色、異物混入までとは直接口元や肌につける衛生用品にも関わらずマスクの質の悪さは如何なものかと思います。

せめて医療関係や福祉関係にはもっと品質や性能が良いものを届けてほしいと思いました。

製造元がはっきりしていないのに一枚あたりの値段が高くこれに国費を使っているのかとおもうと遺憾ですね。

あなたにオススメ記事